ラメラエッセンスの効果、口コミ、お得情報をまとめて掲載!ラメラエッセンスが気になる方は必ずチェックして下さい

日焼けしてしまった!という日のケア方法

日焼けというのは、美肌を目指している女性にとって一番の敵です。

紫外線は年中を通して降り注いでおり、いつでも油断してはいけません。

日焼けをしただけで、シミやシワ、くすみ、たるみなどの原因になってしまいます。

肌の老化を防止するためにも、まずは日焼けを徹底的に防止し、万が一日焼けしてしまった場合のケア方法も知っておきましょう。

 

まず日焼けは防止しよう

日焼け止めは毎日使う

日差しの強い夏は、どの人も日焼け止めを塗るなど対策を行っていると思います。

しかし、曇りの日や雨の日にも、きちんと紫外線ケアをできていますか?

紫外線が一年の中で最も強くなるのは、5月~8月の間と言われています。

春は寒い冬が終わったばかりで、つい油断して日焼け止めを塗ることを怠ってしまう方もいらっしゃると思いますが、実はとても危険。

うららかな陽気に誘われて散歩しているうちに、肌のダメージが蓄積されていってしまうのです。

そこで、季節に合った日焼け止めを使い分けて防止していくことが大切になってきます。

ここで知っていただきたいのが、紫外線は紫外線A波・紫外線B波・紫外線C波に分かれているということです。

紫外線A波(UV-A)は肌の真皮層まで達し、肌のハリをサポートするコラーゲンを破壊してしまい、シワやたるみを引き起こします。

紫外線B波(UV-B)は肌の表皮層に炎症を起こし、火傷のようなダメージを与えるのでメラニン色素が増加、シミやそばかすを引き起こします。

紫外線C波(UV-C)はオゾン層で遮断されているため、地上には届きません。

紫外線の種類を分けたところで、日焼け止めの種類について合わせて解説します。

日焼け止めに表記されているSPFとは、Sun Protection Factorの略で、紫外線B波を遮る効果を表しています。

その遮蔽する強さは1~50の値で示されており、紫外線に20分当たっていると日焼けすると仮定して、SPF1で20分防げるという仕組みになっています。

そのため、SPFの値が大きければ大きいほど紫外線防止の効果がありますが、汗や水分で流れてしまったり、タオルで拭ったりなどすると弱まってしまうので注意が必要です。

また、PAとは、Protection Grade of UVAの略で、紫外線A波を遮る効果を表しています。

PAの強さは+~++++で表記されていて、+の数が多いほど遮蔽能力が高いです。

こちらも、外的要因で落ちていってしまうので気をつけましょう。

日焼け防止のアイテムを使う

日焼け対策としてまずあげられるのが日焼け止めですが、それでは不十分な場合があります。

日焼けを防止するには、日傘や帽子・サングラスなども効果的に取り入れていくのが大切です。

日傘は晴雨兼用の折りたたみタイプなど便利なものもありますので、カバンに忍ばせておくと雨が降った時などにも使えていいですよ。

また、帽子も小さく折り畳めるものを選ぶとよいでしょう。

日傘で気を付けていただきたいのが、裏地が銀色のものだと紫外線を反射して逆に日焼けが進んでしまうということもあります。

できれば紫外線カット率が99%以上で裏が銀色でないものを選ぶのをおすすめします。

コーティングタイプの紫外線カット効果は時間経過とともに薄れていくので、UV効果が付いた布用スプレーも常備すると完璧ですね。

アームカバーやストールで、肌が露出されがちな部分をカバーするのもいいと思います。

飲む日焼け止めを使う

今注目が高まっているのが飲むタイプの日焼け止めです。

肌に塗る日焼け止めとは違い、薬を飲むことで体の内側から紫外線を防止していきます。

実は、紫外線というのは体の皮膚だけでなく、頭皮や眼球からも入り込んでダメージを与えてきます。

日焼け止めを塗れない箇所にも日焼け止め効果を発揮するため、飲む日焼け止めはとても便利です。

出かける前に服用し、塗る日焼け止めを併用することによってさらに肌を守ることができますので、ぜひ活用していきましょう。

 

日焼けした日のアフターケア

水分・栄養補給をする

日焼けというのは、皮膚にダメージを負った状態。

まずはビタミン類を多く含む食べ物を積極的に摂取しましょう。

ビタミンCを多く含むイチゴやアセロラ、リコピンを含むトマトやスイカがおすすめです。

また、ビタミンAを多く含むレバーや黄緑色野菜、ビタミンEを含むナッツ類やアボカドなども良いでしょう。

皮膚の生まれ変わりを助けるタンパク質も、肉や魚・大豆製品からしっかり取って下さい。

また、紫外線を浴びると細胞の中の水分は減少しています。

水分補給をいつもより多くとり、内側から潤いを与えるようにしましょう。

保湿をしっかり行う

保湿の際につかう化粧水は、日焼けして火照った皮膚を鎮める効果を持つものにしましょう。

ビタミンやアロエエキス・カミツレ花エキスなどを含んだアイテムは効果的です。

ビタミンC誘導体が入っている化粧水は最近増えているので、ドラッグストアでも手に入ります。

もちろん、化粧水で潤いを補った後は乳液やクリームで肌を守ってくださいね。

肌の様子を見ながら、パックやナイトクリームなどスペシャルケアを行ってみるのも良いかもしれません。

炎症がひどいときにはあまりいじらず、皮膚科に相談しましょう。

 

まとめ

日焼けによるダメージは肌に大きな悪影響を及ぼします。

肌の老化を防止するためには、まずは紫外線の予防・ケアが最も大切です。

季節・年齢問わず意識し、効果的なケアを取り入れて行きましょう。

アバター
この記事を書いた人
こんにちは、由香里です!お肌の曲がり角を迎えてから、肌トラブルって増えていきませんか?私は特に乾燥小じわが気になって、色んな化粧品を試したんですけど一向に良くならず。。そこで「ラミューテ」を使ってみたら驚きの結果に!このブログで詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてくださいね。